tujibee’s めも

無農薬無施肥の植物と健康と食 &疑問、日々のことのメモ

新型コロナ。対策的食物、頻繁な消毒について

新型コロナ騒動で前代未聞な状態ですが、
でも改めて、毎日の食を見直ししたく、メモる。

お味噌汁
緑茶…無農薬
豆乳ヨーグルト…手作り
納豆…手作り
発芽風玄米ご飯
良い塩
生ナッツ
野草薬草
自然農の野菜
良い水


手作り納豆:買わなくても、作れる納豆。
yukiyuki21.hatenablog.com
その他、野菜や野草又はビワの葉などを使い、納豆を自作される方もいらっしゃいます。

なぜ緑茶?: 実は日本食、凄い。
indeep.jp

indeep.jp

晴れから曇りになった本日夕刻、空を見上げた。
空は雲で覆われていても風の流れ等で 明るい箇所もある。
部分的に例の重だるい雲と見えるものがあり、何かを空中散布した様に思えた。気のせいならいいけど・
マスク着用はそんな面でも必要かも。

今は至る所で消毒剤を使うようになり、消毒剤の種類にもよるだろうけど、大切 有用な常在菌まで殺菌されるし、経皮毒となるモノもあるのだろうと思う。
経皮毒のとある本に、
「日用品に数多く使われている、石油系化学物質。
それらは、口や鼻・皮膚を経由して体内に入り込んでくる。
口や鼻から入った「毒物」は咳やくしゃみ・鼻水などで排出されるが、皮膚を経由して体内に侵入したものは、排出するのが難しいのをご存知ですか?
長い年月をかけて経皮吸収された毒物は少しずつ蓄積され、本人に影響が出るだけでなく、子ども・孫など次世代に濃縮されて引き継がれて悪影響が出てしまう可能性があるのです」と。

経皮毒もしかりですが、ドアノブや手摺とかへ噴霧する消毒剤。拭き取るとしても空気中には残るのでは?吸ったものは肺に入り血管で全身に運ばれるのでは?
病院や施設に居られる方達は、マスクの着用は無しと思うけど、頻繁な噴射式消毒をその諸施設でする事で、患者さん利用者さんの具合が悪くならないのだろうか?


f:id:tujibee:20200419230310j:plainからの一部抜粋
f:id:tujibee:20200419225722j:plain
この記事から考えられるのは、ドアノブや手摺等に使用する消毒剤には第四アンモニウム塩が入っているのだろうという事。
ーーーーー
Wikiより、
第四級アンモニウム塩や第四級アンモニウム化合物は第四級アンモニウムカチオンとほかのアニオンとの塩である。
健康への影響
第四級アンモニウム化合物は健康にさまざまな影響を与える。例を挙げていくと、軽度の皮膚や呼吸器の炎症から[8]皮膚の焼灼性熱傷、胃腸炎、吐き気、嘔吐、昏睡、痙攣、低血圧、死などがある[9]。
神経筋肉遮断薬(英語版) (全身麻酔をかけるために使われる) の摂取によるアナフィラキシーの原因と考えられている[10]。クオタニウム-15(英語版)は最もアレルギー性接触皮膚炎の原因とされることが多い。(959 ケース中 16.5 %)[11]
ーーーーー

とりとめないけども、消毒剤の件では、ここにきて作業時のあり方を 考えさせられています。