tujibee’s めも

無農薬無施肥の植物と健康と食 &疑問、日々のことのメモ

「スパイクタンパク質の産生を止める術がない」こと。そして「未知のタンパク」の存在

2021.1017
厚生労働省は、これから怒涛のごとく報告される予想の数への 対処かな・
f:id:tujibee:20211017210141j:plain

タイトル:戦時下に、日本人の専門家のワクチン遺伝子配列の分析を読んで知る「スパイクタンパク質の産生を止める術がない」こと。そして「未知のタンパク」の存在
indeep.jp

コピペは無しで。

10月 種蒔き

2021.1017 午後から雨あがり

昨日作って置いた蒔きプラグトレー、1cmの腰水に網トレー被せ、外置き。
本日午後、雨水に浸ってまして、、そーっと引き上げ水切り。

しばらく後に種蒔き、下の通り。
f:id:tujibee:20211017154344j:plain:w420:left春菊、ルッコラは好光性種子。
春菊は薄く土かけ、ルッコラはかけないでおく。

ルッコラの種は2017年の自家採種。
昨年と今年はルッコラを食べていないかも。
結構ある4年前の種を、両庭の彼方此方へばら撒きもしてみた。


煮りんごを生姜のかぼちゃスコーンの余り生地で巻いて焼いてみた
f:id:tujibee:20211017212301j:plain:w258:left
左はフジ、右は紅玉。紅玉はやっぱ最高

アムウェイの小鍋に4個入るサイズのリンゴたちが居まして、
皮をむいたもの、むかないもの、一個のまま、全部で4個をそのアムウェイ小鍋で少しの砂糖で煮てみる。
蓋はする。時々開けて様子見、紅玉の形があるうちに火を止める。

薄ーく伸ばした生地でりんごを巻きシナモンをふり、オーブン180度で25分。
紅玉の皮は全く気にならない。

レモングラスとホーリーバジル。種蒔き準備

2021.1016 雨 全く気温がのらない

f:id:tujibee:20211017114915j:plain:w350:leftレモングラスホーリーバジル

陽も地温も足りなく
彼らに
不満はないのだろうか

手前の地面を一昨日に整地

掘り返しは地面から30cm程の石の基盤みたいな所まで。石は幾分掘り上げただけ。
有機石灰、もみ殻くん炭、腐葉土を入れ混まぜた。

ここはニンニクとそのコンパニオンプラントとしてのストロベリーキャンドル 蒔き用地。
雨で 残念でした。

そのストロベリーキャンドル の種と共に購入は、
パンジー、サラダ春菊、豊葉ほうれん草。全て百均の2袋で100円のモノ。

満月は10/20
今日は10/16、時は今。晴れろ〜

他、一昨日は目的無しに生えている鉢を開ける作業、4〜6号サイズを10個弱できた。その土は底石ごと発泡スチロール(方方角に水切り穴3個)にあけ、4〜500倍の木酢をかけ置いてある。


至る所から伸びてきた野菜

とにかく元気。ホーリーバジルが隠されそうで、つど切っては食べたり食べ忘れたり…

f:id:tujibee:20211017115042j:plain:w350
零れ種の野菜がお元気。これはカラシナかな?綺麗な色味

2021年ムクナマメ開花0910〜採種まで随時更新

2021.1017 雨

南庭

f:id:tujibee:20211017114624j:plain:w278:left鉢植えのムクナマメ
今日こそ撮りましたこの黄色葉

なかなか きれい 
f:id:tujibee:20211017114614j:plain:w250

f:id:tujibee:20211017114815j:plain:w350:leftこれだけの量ですから
目に見えての成長は

特に大きな方の房では
感じづらいのかも

2021.1016

南庭の鉢植え

こちらの全体像が無いかもだし、更新メモ登場もお初かな?
f:id:tujibee:20211016135242j:plain:w350:left良く見てはいるのに

鉢植えの葉は綺麗な黄色も幾つか…
喜べないけども、
これが綺麗なの色味なの
明日は写真に納めよう

葉も房も莢も小さく、けれど実の膨らみは一番かもしれない

一房はかなりの重さ

2021.1013

北庭

f:id:tujibee:20211013135818j:plain:w350:left北庭もかなりの房数

でも
小さな莢が多く

いまだ開花中もあり

想い
見守るのみ

2021.1006

南庭

f:id:tujibee:20211006110817j:plain:w350:leftこの左位置の房の成長がおそい様子。ここに繋がるツル切ってしまっているのかもしれない。(写真なし)

2021.1005 晴れ 11:40 26.5℃

南庭

f:id:tujibee:20211005094743j:plain:w350:left 虫食い2莢。
虫さん、一つの方は折ると勢いよく飛び出て視界から消えてしまった。

その他もっと小さい莢での虫食いも幾つも!!
莢にゴミやホコリの溜まっている所は怪しい様だ。

f:id:tujibee:20211005112017j:plain:w278 切り口は、右から左へと瞬く間に変色する。(ピント (゚∀゚;
なんか…染め物に使えないかしら
ヘアカラーとかにも…
 自己責任ね

f:id:tujibee:20211005095316j:plain:w350:left 初々しい厚莢の中の、お豆さん

生では食べないようにと あった。
若いうちは莢ごと茹でて食べると美味とも。それにしても、若過ぎか…

2021.1004 晴れ 10:30 24.5℃

南庭 ビワの木に絡まる

f:id:tujibee:20211004090243j:plain:w350:left判る限り3房あり、うち一房は莢の姿に。年内中、何処よりも陽があたる気がする為、ビワの木には可哀想だけど共存の方向へ、是非願う。

f:id:tujibee:20211004090209j:plain:w258:right

⭐︎両庭共の話、ツル葉を透かそうと慎重に切ったつもりでも、大事な方向のツルまで切ってしまっていると、みえる。
 … もっと、慎重に!!

北庭 閲覧注意なアブラムシ

開花前の房の幾つかは、アブラムシ使いの為切り取る。
f:id:tujibee:20211004101254j:plain:w258:left彼ら幾つかは様子見。f:id:tujibee:20211004095431j:plain:w258:left薄めた牛乳の散布は多分陽がささないので、有効でもないと思うけど、今日は牛乳あり、どうしよか

17:00 牛乳散布お預け

f:id:tujibee:20211004164349j:plain:w350:left 北庭、2階からの花f:id:tujibee:20211004164530j:plain:w180:leftf:id:tujibee:20211004164417j:plain:w180:leftf:id:tujibee:20211004164405j:plain:w180:left頑張れー

201003 晴れ

南庭 虫食い発見

f:id:tujibee:20211003153916j:plain:w278:left穴(黒い)付近を折ると、13mm程の黄土色グレーな虫がいました。
 !? 携帯、そこで電源切れる。

中のお豆さんは厚み2mm弱長さ5mm程、莢の厚みは凄い。

北庭

2階部分 花盛り
10月の開花は、どこまで成長してくれましょうか。

2021.1001 しっかり雨 薄暗い外

f:id:tujibee:20211001094000j:plain:w210:left
ドライ中のフェンネルとタイム。
次はムクナマメの葉をドライを・
昨日の話となるけれど、アブラムシを筆で払っている。
房は丈夫でも、花の蕾はかなり繊細。化生の筆は弾力ありすぎて、柔らかい動物の筆が良いけれど、それでも萼の一部は取れたりするので、優しく扱う必要あり。

着いたアブラムシ取りには、筆の方が木酢より現実的。
これも1株の幾つかの房だから出来ること とは思うけど。

北庭の土そのものを考えろって事なんだね、きっと。

一部掘り起こしてみると、土より砂利が多かったり。ここはある程度耕したと思っていたけど、記憶って曖昧。

2021.0929 晴れ

両庭共に、久々のたっぷり散水。ついでに車も水浴び

南庭

f:id:tujibee:20210929131653j:plain
f:id:tujibee:20210929131717j:plain:w278:leftf:id:tujibee:20210929132154j:plain:w258:left
f:id:tujibee:20210929132217j:plain:w258:left取れるものは落ち、残るものは残る…

大きなものは緑が濃くなり益々ゴツく。

北庭

また写真は撮りそびれる
南庭に比べ房は少なく、莢の成長もゆっくり。
2階部分の葉のサイズは巨大。葉影になりながら開花房は二つ。

身重と見えるカマキリが1匹雨戸に居て、ここら辺に産卵するのかも。
葉を切れなくなるなぁ…

台風対策に、ツル絡まりの網は格子に固定の予定。


南庭の

2021.0926 曇

南庭

f:id:tujibee:20210926091427j:plain:w278:left緑色っぽくなり
だいぶ大きくゴツくなってます1枚目2枚目とも同じ房
f:id:tujibee:20210926091646j:plain:w253:right
今季夏のさえない気温と天気にもめげず
ムクナマメの成長がとても速い
でも、太陽が欲しいでしょうね。

f:id:tujibee:20210926091411j:plain:w258:left
赤丸は房から取れた莢の根元部分

この様な房はそれなりにあるし

全て取れている丸裸の房もある


きっと
取れるものは取れるのだね(^。^;
了解した

北庭

相変わらずアブラムシが多く、葉と花房の切り取作業が続いてしまい写真は撮りそびれる。

原因は、絡まった花桃の葉の白っぽいウィルスによる衰弱と同様な状態で、白っぽくこそないムクナマメでもそこら辺から弱っていて、アブラムシが寄ると思える。
ので、すまないけれども花桃の葉は限りなく切り詰めまして、ごめんなさい。

後はー、枝が絡まり部分的な蒸れかも。
枝葉を空こうとし、いかんせん主要枝を切るとかしてしまう。難しい。

2021.0922 晴れ

南庭

19日の写真個体と同じ
f:id:tujibee:20210922104245j:plain:w278:left 19日から3日目か・
f:id:tujibee:20210922104307j:plain:w253:right

萎んだ花柄等を指で落す最中、莢3つが枝から落ちた時点で、止める。
3莢…勿体なかった。後は自然に任せよう…

花は次々と開花中

北庭は開花量緩やか

がんばれ〜

2021.0919 晴れ

南庭

f:id:tujibee:20210919134104j:plain:w278:left 莢の下地の緑がうっすらと。
毛むくじゃらな品種?とか思っていたので、安堵。f:id:tujibee:20210919133533j:plain:w253:left

北庭 花びら等を落とす

f:id:tujibee:20210919135001j:plain

続きを読む

枠珍

2021.1016 薄曇り

ワクチン接種被害がつきない。

氷山の一角も117回目。ワクチンとその背後の闇が深すぎる。
ameblo.jp


しかしこの状況でも、ワクチンゴリ押し政策は止まらず、税金も使い放題。
f:id:tujibee:20211016165647j:plain:w420:left
f:id:tujibee:20211016165522j:plain:w420


ワクチン接種作業での収入は非課税?! いやはや…
f:id:tujibee:20211016170506j:plain:w420:left新型コロナウイルスワクチン接種業務に従事する医療職の被扶養者の収入確認の特例について